サイドローズ   >> 知識データベース   >> 失敗百選

  失敗百選 〜エンパイアステートビルへのB25爆撃機の衝突〜

【概要】
   ニューアーク空港に着陸しようとしたB25爆撃機が、 濃霧のため、エンパイアステートビルの79階に衝突して機体が建物に突入した。 79、80階で大規模な火災を生じ、14名の死者を出した。また、 エンジンがエレベータシャフトを落下し、地階でも火災となった。 爆撃機の残存燃料が少なかったこともあり、建物の構造躯体の被害は少なかった。



   写真1はB25爆撃機の同型機、写真2は、 エンパイアステートビルである。

【日時】
   1945年7月28日

【場所】
   アメリカ ニューヨーク

【事象】
   ニューアーク空港に着陸しようとしたB25爆撃機が、 エンパイアステートビルの79階に衝突して機体が建物に突入した。 79、80階で大規模な火災を生じ、14名の死者を出した。また、 エンジンがエレベータシャフトを落下し、地階でも火災となった。 建物の構造躯体の被害は少なかった。

【経過】
   1945年7月28日朝、アメリカ空軍のB25爆撃機が、 ニューヨークのニューアーク空港に向かっていた。 ニューヨークは霧が濃かったが、着陸のため高度を下げて着陸しようとしていた。 時速400kmで飛行していたB25爆撃機は、9時49分、 エンパイアステートビルの79階の北側に衝突して、建物に突入した。 79階、80階で火災が発生した。爆撃機のエンジンがエレベータシャフトを落下し、 地階でも火災となった。この事故で14名の死者を出した。 建物の被害は100万ドル(約1億円)で構造躯体への被害は少なく、 事故後2日で営業を開始している。

【原因】
   B25爆撃機のパイロットは27歳で、 ドイツとの交戦で34回出動したベテランであったが、 濃霧のためにビルに衝突してしまった。    B25爆撃機の燃料タンク容量は1、000ガロンであるが、 幸い目的地近くだったため、残存燃料が少なかったことも幸いし、 建物への被害は少なかった。

【対処】
   不明

【対策】
   この事故を契機に、高層ビルは飛行機が突っ込んでも、 建物が倒壊しない構造に設計されるようになった。実際、 55年後の世界貿易センターにテロの旅客機が突っ込んだ際も、 衝突直後の倒壊は免れました。しかし激突により、 柱などの構造部材が広範囲に被害を受けていたことに加え、 衝突によって耐火被覆が脱落した中で火災が発生したため、 鋼製柱が高熱で耐力が低下し、まず上層の重みを耐え切れなくなった階が落下し、 これに抵抗できない下階が連鎖的に崩壊していき、 最終的には倒壊してしまったことはご存知のとおりです。

【総括】
   エンパイアステートビルのアンテナは当初、 飛行船ツェッペリンの係留マストとして計画されたが、 ヒンデンベルグ号の爆発事故で、その計画は実現しなかった。 高層ビルの建築設計に飛行機が突っ込むことの想定は、 なかったと思われるが、建物の被害は軽微であった。しかし、 55年後の貿易センタービルへのテロによる飛行機突入での建物倒壊は、 誰が予想したであろうか。

【知識化】
   予測・予知できない事故は存在する。しかし、 起こってしまった事故を分析し、今後起こりうる事故に対する 「被害想定」で対応を強化することが大切である。
   「被害想定」とは、ある場所・地域について、 将来どのような災害が発生する可能性があるのか、 その災害によってどのような被害がもたらされるのかを、 事前に予測することである。被害想定によって、どの場所・ 地域でどのくらいの建物が倒壊・浸水するのか、どの場所・ 地域で停電が発生するのかといったことのおおよその見通しを立てることができる。 被害想定の結果をふまえて、どのような対策を行うかを決めることになる。 (巨大災害研究センター・災害情報システムより)

【背景】
   ニューヨークでの20世紀始めの高層ビルの高さ競争は、 このエンパイアステートビルの建設で終止符を打った。 1931年に建てられたクライスラービルの高さを62m凌ぐ、 高さ391m、102階建てのビル(アンテナを含むと448m)は、 建築現場のスペースが狭いため、ビルの柱、窓、窓枠などは、 工場で予め製造され、60,000トンの鋼材は約500km離れたペンシルバニアの製鉄所から、 現場に搬入されて、4,000人の建設人員によってわずか1年と45日の短期間で完成した (図3は、40階のフロアー建築中のエンパイアステートビルである)。 建設費も、デフレのなか労務費や材料が安く、ビル建築の予算5,000万ドルに対して、 約2,470万ドルと半分であった。



1931年5月1日、当時のフーバー大統領がワシントンで、 ビルの照明の点灯ボタンを押し、華々しくオープンした。
   しかし、当時は不況の真っ最中で、 25%しか企業が入居せず“Empty State Building”といわれた。 彼らは、空室がなくなるまで、空室の灯火を点灯したといわれている。

【引用文献】
   B25爆撃機の同型機:http://en.wikipedia.org/wiki/B-25_Mitchell
   BBC -h2g2 -Empire State Building: http://www.bbc.co.uk/dna/h2g2/alabaster/A854237
    エンパイアステートビルディング公式サイト: http://www.esbnyc.com/index2.cfm?CFID=5315832&CFTOKEN=82409078